学校法人 恵学園  め ぐ み 幼 稚 園
2019年度 総主題 しっかりとした土台 ル   カ    6-17
第三学期   主 題 光の子らしく歩きなさい エ ペ ソ    5-8
1月 主題単 元 満 た さ れ る エ ペ ソ    3-19
発達の様相
長い 休み明けの 疲れや、生活のリズムの 乱れなどから、体調を崩したり、眠くなったりする様子も見られるが、久しぶりに お友だちと再会し、のびのびとした気持ちを取り戻し、ワクワクする お心で、お友だちに いろいろなことを 伝えたりしながら、活発に活動しはじめ、お友だちの体験も共有しながら 相手の思いを 受け入れて、楽しく遊ぶ姿を 多く目にするようになる。

自分たちで したいことをイメージし、納得がいくまで 取り組もうとするようになり、継続して遊びが 豊かになっていく 様子がみられるようになってくる。

遊びを通じて、自分たちで決まりを作り、少しずつ 自己統制が 必要になってくることを知り、身につけていくようになる。

数多くのことを体験してきて、お友だちとの遊びにも ゆとりが出来、相手のお話も 良く聞いて理解力が深まり、みんなと一緒に遊ぶことが 嬉しくてしょうがない 様子が伝わってくる。

もうすぐ 小学生になれるんだ という 自覚が芽ばえ、小学校の話題も増え、小学生との交流会を通して、進級する実感を体験し、小学校へ入学する期待が 大きくふくらんでくるようになる。

聖   書 第2週  第3週  第4週  第5週  -
8日

第三学期
始業式

エペソ
3-19
13日


成人の日
(祝 日)


20日

ガラリヤへの


マタイ
4-18
27日

地の塩・
世の光

マタイ
5-13
-
保育指導のポイント
この第三学期は、一年間の 締め括りの時期として、生活全般にわたり、『自分で出来る』ことや『自分から進んでやる』こと、また、『工夫する』こと、『仲間と協力する』ことをしっかりと 身につけているか、再確認し、他人の時間を浪費しないように、配慮する お心を身につけよう。

ふだんの生活の中で、感じ方、考え方、行動力が、自己中心に はこぶのではなく、相手の思いに立って 感じとり、相手を思いやれる お心を持ち、みんなで 助けあえる 生活を目指そう。

朝のごあいさつも、特定の人にだけ 挨拶をするのではなく、出会った人 みんなと 挨拶を交わし、笑顔で接することや ありがとうのお心を 伝えられる 生活を送ろう。

小学校でのトイレは、まだ 和式便器が 多いので、洋式だけでなく、和式便器の使い方も練習し、上手に出来たら 褒めて 使い方を 導入(再確認)しよう。

ご家庭での協力ポイント
幼稚園のお庭は、晴れている日は、ポカポカとあたたかいので、活動的に遊べる服装にしましょう。
(ハンカチ、ティッシュペーパーが 取り出しやすい服に しましょう)。

お家の中でも 笑顔で過ごすこと、感謝することを持って過ごすと、相手に必要とされることを実感し、みんなで 実践しましょう。

体調をくずしたり、風邪にかかりやすい季節なので、衣類の調節や、うがい、手洗いを確実に実行し、早寝、早起きを心がけ、予防すること、感染させないこと の 大切さを 再確認しましょう。

雪の 降った日などは、雪遊びを 楽しむ準備(長ぐつ、ジャンパー、手袋など)をして 登園し、また、雪の降った後の 2・3日は、園庭が ぬかってしまうこともあるので、長ぐつで 登園しましょう。


ホームヘ