6月カリキュラム

学校法人 恵学園  め ぐ み 幼 稚 園
令和2年度 総主題 思 い 悩 む な マ タ イ    6-34
第一学期   主 題 求 め な さ い マ タ イ    7-7
6月 主題単 元 父 の 家  ヨ ハ ネ   14-2
発達の様相
たびたび、幼稚園生活が自粛になり、お家で たくさんの時を 過ごしてきて、久しぶりの幼稚園での生活が 楽しくて、生き生きと 通園してくる お友だちが 多く見られるが、中には 家の中での ゆったり感に つかり過ぎて、幼稚園に行くのを 嫌がったりするケールも見られたりするが、同年代のお友だちとの 生活の楽しさや、集団の中でのワクワクした気持ちを 取り戻して、活発に 活動しはじめる姿が 多くなってくる。

幼稚園生活の中で、“好き”“嫌い”や、“やりたい”“やりたくない”等、自分の意見が はっきりとしてくるが、まわりの雰囲気や 環境、お友だちとの関係等から、嫌いなことでも やってみたら、面白くなる体験を通して、ワクワクする雰囲気が 伝わってくるように なってくる。

お友だちと一緒に ルールのある遊びを 繰り返し行なうことにより、自分の思いや 考えを、相手に伝えようとする姿を 多く目にするようになるが、相手の思いや考えを、充分に理解出来ずに、遊具等を独占して、自分たちだけの世界を広げている場面も見られる。

聖   書 第1週 第2週 第3週 第4週 第5週
1日

第一学期
スタート



37-5
8日

創設者記念日
(休園日)


ルカ
12-27
15日


世界の始まり


創世記
1-3
22日


アダムとエバ


創世記
2-7
29日


バベルの塔


創世記
11-5
保育指導のポイント
今まで体験したことのない ウイルスの感染に 出会い、長い間、家の中での生活が 中心だったので、少しずつ、部屋の中と お外での 活動の バランスを取り、体力を発散出来る 喜びを 再確認しよう。

ウイルスの感染は どうして起こるのか、また、それを防ぎ、お互いの命を守る 生活のために、何をすれば良いのか、みんなに 良く分かるように説明し、話し合い、実践していこう。

毎日のスタートが、“ありがとう”のお言葉と 気持ちで始まると、一日が とっても幸せな気持ちで過ごせることに気づき、子どもたちに、そのお心を 伝えていこう。

ふだんの生活習慣での基本的なこと(ごあいさつ、手洗い、自分でトイレにいける、具合の悪い時は先生に言える、遊具を譲りあって使える、お道具を大切に出来る、お片づけが出来る) を クラスみんなの 共通のテーマとして 捕らえ、丁寧に 実践していこう。

ご家庭での協力ポイント
ウイルス感染が減少傾向になってきているが、まだまだ油断せず、社会生活を 復活していくのに お互いが 守らなければならない 新しいルールや、今、自分で出来ることを、家族みんなで話し合い、理解して、実践していきましょう。

『早くして!』と急かせることよりも、しやすい雰囲気や、場づくりに努め、ゆっくりと待ってあげ子どもと共に、たくさんの豊かな時間を、笑顔で 過ごし、お互いの 心の財産を築いていきましょう。

“叱ること”は、励ますため、“褒めること”は、存在を認めてあげることになるのを 再確認し、相手の お心に届く、接し方を 身につけましょう 。

下痢をしたり、発熱が続いている時は、素人判断をせずに、身近な ホームドクターや 幼稚園の園医、保健所(健康センター)に、気楽に相談し、確かな知識を持って、処置しましょう。

暑い日は、上着(園服) を 脱いで 遊ぶことも 多くなってくるので、上着を脱いでも、ハンカチ や ティッシュペーパー が 身につけられる 服装にしましょう。(お名前を 忘れずに!)。


ホームヘ