11月カリキュラム

学校法人 恵学園  め ぐ み 幼 稚 園
令和3年度 総主題 あなたは高貴で貴い イ ザ ヤ   43-4
第二学期   主 題 互 い に 愛 し 合 う ヨ ハ ネ   13-34
11月 主題単 元 私のもとに来なさいい マ タ イ   11-28
発達の様相
いままで出来なかったり、興味のなかったことも、たくさんの体験や、お友だちが楽しそうに行動している場面に影響され、誘い合って やり始めることが多くなり、行動に自信が伴う。

お友だちとの 仲間意識が 強まり、新しい遊びに チャレンジ するようになり、自己主張も しっかりと出来てきて、お友だちとのトラブルも、自分たちのルールで 解決していこうとする姿が 多く みられるようになってくる。

コロナ感染も、減少してきたので、爽やかな気候のもと、体を 十分に動かす 活動が増えてきて、お友だちと 共通のイメージを 共有して遊ぶ 様子が多くなってくる。

クリスマス会の練習を通して みんなと一緒にやることの 楽しさや 充実感を味わい、クラスの仲間意識が強まってきて、ふだんの生活の中で、たくさんのことを共有している 安心感が増し、クリスマスがくるのを 楽しみに待つようになる。

聖   書 第1週  第2週  第3週  第4週   第5週
1日

令和4年度
新入園児入園
願書受付日


8日


放蕩むすこ

ルカ

15-11
15日

マルタと
マリア

ルカ

9-13
22日


荒野の誘惑

マルコ

1-16
24日

感謝祭
カインとアベル

創世記

4-3
29日

星の夜の
出来事

マタイ
1-24
保育指導のポイント
コロナ感染の減少が 見られるが、毎日、油断せず、朝の 検温チェックからはじめ、子どもたち1人ひとりを 確実に 見守っていこう。

ふだんの生活の一部として、動物や 植物など、生命あるものを 慈しみ、愛する喜びや 別れの悲しさに 出会い、生命の尊さ、不思議、神さまの み心に触れ、感性を 高めていこう。

子どもの褒め方も、ただ単に『上手ね!偉いわ』や、『すごいよね』と、抽象的に褒めるだけでなく、頑張っている途中でも、具体的な言葉で褒め、認めてあげ、また、怒る時でも、感情的に怒るのではなく、良いこと、悪いことを、冷静に知らせ、納得出来るよう、伝えていこう。

毎日の生活の中での“新しい発見の喜び”や、“感動するお心”を大切にし、ワクワクする気持ちをたくさん持ち、ストレスのない 楽しい毎日を過ごそう。

ご家庭での協力ポイント
コロナ禍が、収まりを 見せているようだが、油断せず、安心、安全の毎日を送り、朝の検温の提出も 忘れないようにしましょう。

幼稚園のお庭は、日中は、あたたかな陽だまりの日が多いので、朝晩、ちょっと冷え込んでも、すぐに厚着をしないで がんばり、健康的な毎日を 目指しましょう。

子どもは、良いことも 悪いことも 経験し、大きく成長していくので、子どもの行動を、大人の判断のみで 抑制するのではなく、子どもの体験を通して、共に 成長しましょう。

子どもが 自分なりに考えられるように、親が すぐに 答えを出すのではなく、ゆったりとした気持ちで、待ってあげましょう。

あっというまの 子育ての瞬間を 大切にし、親子一緒に 成長出来る喜びを 受けとめましょう。


ホームヘ